建て替え時のごみ処理

家の建て替えや取り壊しをするときに気になるのが「ごみ処理」ほとんどの場合家主がごみを処分する必要がありますが、大型ごみの場合処分にお金がかかりますし持っていけないというケースもあるでしょう。
そこで、建て替えでは業者が処分してくれることもありますが解体屋に頼むとただ「処分するだけ」で、業者に頼むとリサイクルしてくれたり処分に回してくれたりと対処してくれます。


結局のところ「生ごみ以外」は解体時に残していてもさほど問題ありません。
ソファベッドやかざり棚、リビングボードなどは気軽に持っていくことなどで来ませんから、解体屋がすべて丸ごと解体して処分してくれます。
ですが、そういった粗大ごみがおおいと着工が遅れてしまうケースもあるようなので出来るだけ自己処理しておいたほうが早く終わる可能性もあります。


自力で処分するには費用が必要です。
粗大ごみとなれば家電の場合1つで数千円。
ベッドなどでも3,000円以上かかる場合が。
引越し屋に依頼すれば有料ですが引き取り処分をしてくれます。
冷蔵庫やエアコン、ダブルベッドのマットなど、引越し屋だけじゃなくとも市に依頼すれば取りに来てくれますし、そういった家電や家具の処分を専門としている業者もたくさんあります。
逆に、買い取ってくれる場合もあるので調べてみると良いでしょう。


「貧乏はゴミも捨てられない」とはまさにこのこと。
建て替え痔にはごみを捨てるだけでも多額のお金がかかることに。
そうならないように、売れるものはすべてリサイクルショップなどへ持っていき、インターネットサイトで「譲ります」という掲示板を出しても良いでしょう。
また、タウンペーパーなどに出して処分するもよし。
当サイトでは、建て替え時のごみ処分方法について更に詳しくご紹介します。


[PICK UP]
建て替えではなく簡単なリフォームの際に役立つ通販サイトです・・・リフォーム